わんこと、まったりな日々

2006年5月12日生まれのビーグル犬ロック(♂)とロックに群がる家族の毎日。 いつかはまったりできる日を目指し今日もドタバタ・・・ 家族のことも、ちょっとだけ・・・

いらっしゃいませ~

やんちゃなビーグル犬ロック(オカマ)の笑えるブログへようこそ!
笑っちゃったら、是非、コメント残していって下さいね♪

ランキング参加してます
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

いつでも里親募集中


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いぬのうんめい

3連休も終わり、静かな日常に戻りまして・・・

部屋の片付けもスムーズでほっと一息のまっぷーです

皆さんは連休、どのようにお過ごしになりましたか?


ワタシは、ロックの病院、ちゅうりっぷの球根を植え、
そして・・・

読書の秋

またしても「ワンコ関係」の本に手を出してしまった

otomo.jpg
右が雑誌「CREA」のワンコ特集

左は「捨て犬を救う街」 渡辺眞子 著 角川文庫


文庫本の方は、捨て犬捨て猫の殺処分を少しでも減らすための
活動をしてらっしゃる方の本。

雑誌の方も楽しいカワイイ記事がいっぱいだけど、
「いぬのうんめい」というコーナーでは、
やっぱり処分場の犬たちのふたつの運命をレポートしている。

譲渡可能な犬を保護し、新しい家族と出会えるワンコもいる。

この保護犬を飼うために住居を変えてまで迎え入れた人もいるが
こういう幸せになれるワンコはごく一握り・・・

ほとんどは殺処分されてしまう・・・
kanasii.jpg
文庫本のほうには、
ペンションでひと夏、愛犬として一緒に過ごして、
でもそのまま置き去りにして帰る人がたくさん居るらしい。

「コイツはバカだから」と保健所犬を置いていった少年は、
引き返してきたと思ったら、
「首輪はまだ新しくてもったいないから」と外して持っていった。

こんな話がたくさん書いてあるが、
こういう現状を何とかしようと頑張っている人たちの話もたくさんある。

が、やっぱり個人や民間団体だけの力じゃどうにもならないほどの
たくさんの動物が毎日、殺されているのが現状らしい・・。

動物だって人間と同じ命なのにね
onajidayo.jpg
行政は「動物に予算を使うより、人間に使う」ということらしい。

せめて、身近にいる動物だけでも
大切に一緒に生きていきたいな~と思うのだけど・・・
huutt.jpg
ロックはうちに来て、幸せなのかな?

などと考えてしまうけれど




あらら・・・ちょっとしんみりしちゃいましたが、
ワンコの飼い主として、知っておくべきなことかもしれませんね。




ところで、病院に行ってきたロックさん

赤みこそ引いてきたけれど、まだ、痒みとハゲは・・・
hagete.jpg
アレルギーorアトピーの可能性大・・・
スポンサーサイト

コメント

その雑誌の方は買い物に行った時に夫が立ち読みをしていました。
文庫本の方は・・泣いちゃいそうだけど読んでみたい!

一番身近な動物にでさえ酷い仕打ちが出来ちゃうのよね・・人間って。
楽しく一緒にお出かけしたはずなのに・・家族を置き去りにするの?
その「首輪はまだ新しくてもったいないから」ってガキ! ナニソレ!!!
親の顔が見たいわ。

ロック君はとっても幸せだよ。
愛されて、とっても心配してもらって。
だからね、時間がかかってもアレルギー&アトピーも必ず軽くなる日が来るから♪

これから急いで買い物に行って本屋さんチェ~ック!
本当に連休が終わると捗るわ~(笑)

ワンコを飼うようになって、ワンコ本とか保護団体の方のブログや動画など…
結構見るようになりました。
でも、ワンコを飼っている人だけでなく、飼ってない人たちにもどんどんこの現状を知ってもらいたいって思うよね。
それにしても首輪の話はひどいね。
きっとロクな大人にならないよねっ!

ロックくん、君は幸せなワンコだよ!COCOと一緒にアレルギー退治頑張ろうね!
ももかはブリ-ダ-の売れ残りでした。
でも今ではかけがえのない家族です。
その前にハムスタ-を飼っていました。去年のGWに亡くなりましたが
斎場で合同火葬をしてもらいました。今でも忘れる事の出来ない家族でした。
どんな動物にも生きる権利はあるはず。ましてや1度家族として迎えた動物の
飼育を放棄するなんて人間として最低な人、そして心が腐ったかわいそうな人です。ももかが来る前に愛護団体などに問い合わせしたんですが、うちはマンションに子供がまだ幼稚園だったこともあり、なかなかOKが出ませんでした。
今はももかと出会えた事が本当にうれしいし、幸せに思っています。
ももかはどう思ってるか分からないですが(笑)

ロックくん、だいぶ赤みは引きましたね。
はげももう少ししたらきっとよくなりますよ!!
ももかもはげてきたんで、一緒にがんばって治しましょうね!!
文庫本の方は、胸が痛い部分を書きましたが
そういうことを無くすために尽力されている様子も
書かれていて、こういう方達もいるんだ、と
心強く感じました。

子供を育てる親としては
記事にもした少年の行動はショックですよ。
この子供が育つ環境にこういう考えの親が居る
ということですからね。

初めてパピーのロックと出会ったとき
「こんなにいたいけな小さい命、私が預かっていいの???」
って思ったけど、
あのときの気持ちを忘れないで行きたいですね。
私もロックを飼うまでは
こういう状況があることも正直言って
まったく知りませんでした。
でも知れば知るほど、知らないままでいいことではないと
思うようになりました。

動物を飼っていない人も
こういうことを知っておくべきだと思うし、
やっぱ行政も何とかして欲しいですね~
ももママさんはそういう団体に問い合わせたりして
引き取ろうとなさっていたんですね。
私ももし、もう1匹、犬を・・・と言うようなことがあったら
今度はそういうワンコを家族として迎えたいな、
と思っています。
ハムスターも飼っていたんですね。
以前、近所でやっぱりハムスターを亡くされて
親子でつらい・・・って言っていた知り合いが居ました。
本当に家族として過ごした動物を亡くすことって
本当に悲しいのに、平気で捨てることが出来る人なんて
信じられませんね。

ももかちゃんもハゲ?
共に頑張って直しましょうね。
最近、ワンコの悲しい現状に直面する機会が増えたよね。
私自身も以前よりも深く関心を持つようになりました。
1匹でも多くの行き場のないワンコたちが
優しい家族に迎え入れられることを祈ってます。
そして、そうしたワンコたちを一時預かりして世話してくれる
ボランティアの皆さんの努力にも敬服します。

「CREAdog」いいなぁ。私も毎回買ってました~。
写真も可愛いけど、ちゃんと真面目な記事も載っているところが好感を持てるよね。
カワイそうなワンコの話をよく耳にしますが・・・胸が痛みます。
我が家の子は、シアワセか?聞きたいなぁ。

動物愛護団体などの活動には頭が下がります。
捨て犬、ネコの数が減る事を切に願うけれど減らないね。
もっと販売方法に手はないのかな?
個体別シリアルナンバーとか付けるとか。

アレルギー・・・
食事療法も必要なのかな?(フード?)
早くよくなるといいね。お薬効きますように・・・
殺処分されてしまう犬や猫…
最近になってその様な情報がテレビ・本・新聞等で取り上げられるようになって来ましたね。
私達にとってとても辛く正視するのが出来ないほど心を痛めます。
でも 逃げたらダメ!って心を鬼にして見てます。
だって無知の罪というものもあると思うから。


私のところは次女は里親を探してくれるボランティアの方から譲ってもらいました。
そして 実家にいた次男も近くの土手に兄弟で捨てられていてその中の何匹かは
すでに…の状態でした。
例え1匹でもこの命を救いたい!という思いで母の逆鱗に触れる事は覚悟で拾ってきました。
次女は譲ってもらってから気付いたのですが、生まれ持って全く耳が聞こえません。
ボランティアの方は他の子と交換しますと言ってくださいましたが、多分行き先も無く
そこで暮らしていく事になっても大人数の中で生活できるのか?他の猫達にいじめられるのではないか?!たとえ1週間でも暮らしてきたこの子がかわいいと思い一緒に暮らすことを選択しました。
耳の不自由な子を育てるのは初めてでした。
彼女にとって嫌な事をされてもそれはあなたの為だ。という事を分かってもらうにも時間がかかります。
とても悩みました。本当にこれで良かったのか?!と。
でも 長女は次女を受け入れ 次女も長女の事が大好きで、仲良くしている姿をみたら
少しはホッと出来ます。


私は 常日頃 「小さな命」という言葉に怒りを感じてしまいます。
命に小さいも大きいも無い!!!
そんな事を言っているから動物の命を軽視する人が増えるんだ!

それとペットショップも誰彼構わず売りすぎだ!
ちゃんとその動物の性格、大きさ、運動量等を伝え その方が動物を変える常態かぐらいは事前に確認すべきだ!!
と思っています。


ロック君はまっぷーさんのお家に来れて幸せだと思いますよ。
ロック君のアレルギーを自分の事のように心配してくださるまっぷーさんの傍にいるんだもの。
本当にこういう活動をしている方達って
すごいですよね。
最近、確かにこういう現状を訴える報道も多いけど
日本ってやっぱりこういうことに関しての意識は低いですね。
まりPOOさんのいるヨーロッパは
ちゃんとペットも「家族」として責任を持たせるような
法律も完備されているみたいですよね。
見習うべきだと思うんだけどな~
そうそう!シリアルナンバーとかマイクロチップとか。
マイクロチップが一番有効で簡単だと思うんだけどね。
購入する段階でもっと飼い主に厳しくしてもいいよね。
ただ売ればいい!っていう無責任な商魂だけでは
売る側にも責任は大いにあると思うけど。

アレルギーね・・・
一応、もう一回注射して痒みが収まらなければ
アレルギーフリーのフードを1ヶ月試すことになってます。
でも・・・高価なフードに人間の食費が削られるのか・・・?涙・・・
mianさんちの猫ちゃんはそういう経緯があったんですね。
でもmianさんちに迎えられて幸せですね。
体の不自由な動物と暮らすのは
本当に大変でしょうね。
頭が下がります。
猫ちゃん同士もちゃんと受け入れあって暮らしているんですね。
すごい!人間も見習うべきですよね。
動物に教わることって多いなぁ~・・・

ペットショップ・・・最近、行くのが辛くなってきて・・・
だって、いついっても同じワンコがそこに居て、
もうすぐ6ヶ月になるのに小さいショーケースの中で・・・
ロックがうちに来たのが2ヶ月、
3ヶ月にはお散歩し始めて・・・って考えると、
可哀想で可哀想で見ていられなくなるんだよね。
で、いつの間にかいなくなっている。
大切にしてくれるおうちに行ったんだ、って思うことにしてるけど
本当はどうなんだろうね・・・
我が家が大豪邸で大金持ちだったら(苦笑)
連れて帰りたい!!!っていつも思います。ほんとに。
ペットショップは商品だからね。
本当に好きでそういう仕事する人少ないんじゃないかな?
だって商品と思わないと仕事にならないよね。

私は無理だな。
特に空飼いだしてから・・・
ちょっと体調悪いと心配したり、ほんと自分の子供みたい♪

本当にお金持ちだったら・・・
今の現状では誠意いっぱいだもん。
他の子までは口ではいい事言えても何にもしてあげられません(涙)

ロックくん治療の成果でてきてよかったね。
ハゲ!なんて言わせないようにもっと良くな~れ!




殺処分...最近よく特集されていますよね
飼ったはいいけど、吠える、噛む...など手に負えず手放す人が多い

ロンも吠えて手に負えない状態で、我が家が引き取らなければ...どうなっていたか分かりません

でも、それは犬のせいではなく飼い主の責任なんですよね

動物だからといって命を粗末にして言いわけない!

人間もそれを十分考慮して、飼ってほしいと思います

もちろん、私もそれを肝に銘じてロンベルと暮らして行きたいと思います

ロック君、ハゲが早く治るといいですね!治療食等はお金がかかるけど、アレルゲンが特定出来れば、フードを変更したり手作りにしたり出来きてカイカイも収まるはず!
頑張ってくださいね
私も心の中ではいろいろ思うのですが、
たぶん、多頭飼いは我が家では無理。
経済面や住宅事情もあるけれど
きっと今のロックに注いでいるものを保ったまま、
もう1匹にも同じだけ・・・っていうことは無理だと思うから。
それにものすごい甘えっこのロック、
精神面で不安定になりかねないし・・・
とにかく身近な動物を大切にすることが
今の私に出来ることだと信じています。

ハゲ・・・痒みが減ってもこのハゲがね・・・汗・・・
そうだったよね~
ロン君も売れ残り状態だったのをぴろぴろさんが
連れて帰ったんだったよね~
別な本で読んだ話で
「ウンチやオシッコをあちこちにするとは思わなかった」から
捨てに来る、とか
「こんなに吠えてばかりで手に負えないから」捨てる、
って言う人もいるらしいよ。
全部飼い主のしつけの責任だよね。
動物だって人間の赤ちゃんと一緒で
教えられなければ何もわかるはずなんかないのにね。

ロックのハゲ、原因さえわかれば対処できるもんね。
確かにお金はかかるかもしれないけど(涙)
ロックの体のためなら・・・頑張りまっす!
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://rock512.blog78.fc2.com/tb.php/554-f271eba3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。