わんこと、まったりな日々

2006年5月12日生まれのビーグル犬ロック(♂)とロックに群がる家族の毎日。 いつかはまったりできる日を目指し今日もドタバタ・・・ 家族のことも、ちょっとだけ・・・

いらっしゃいませ~

やんちゃなビーグル犬ロック(オカマ)の笑えるブログへようこそ!
笑っちゃったら、是非、コメント残していって下さいね♪

ランキング参加してます
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

いつでも里親募集中


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

置いてきぼりのワンコ(追記あり!)

おかげさまで少しずつ、地震の恐怖心も落ち着いてきた私。

・・・といっても、未だに余震が続いていて、
そのたびにドキドキバクバクおろおろしているのですが・・・汗


えっと・・・

ここは「犬ブログ」なのでワンコのことをちょっと・・・


地震で孤立した地区からヘリコプターなどで、
避難所にこられた方が多数いる。

昨日も一時帰宅でき、家畜の牛やウマにえさをあげ、
残してきたペットのワンコやニャンコと触れ合って・・・


2日ぶりに飼い主と対面してはしゃぐワンコ。

甘えて顔中を嘗め回してワンワン嬉しそうに、
飼い主さんの周りをグルグル回るワンコ。


でも、でも、やっぱり、ペットは残していかなければいけないのです。


いつ家が倒壊するかもわからないところに・・・

いつまた余震で恐ろしい目にあうかもわからないのに・・・
uru.jpg

こういうとき、市内の動物病院などで預かってはくれないのでしょうか?

ワンコやニャンコもヘリコプターに乗せられます。

ワンコもニャンコも大切な家族。

その家族を置いていくということは、どれだけ辛いことでしょう。

想像しただけで、涙が出ます。


山古志村の地震の際にやっぱり置いていかれたワンコのことは
本や映画になって美談になっているけど、
そういう人間にとって「いいお話」にして済ませるだけで
いいのかな?

置いていかれた動物達はどれほどの精神的ダメージだったでしょう。

動物だからいいのか?

所詮、犬猫だから・・・なんていう人もいるのでしょうか。



昨日のニュースで、
飼い主と別れるワンコの姿に、
のび太とふたり、涙してしまいました・・・
tasu.jpg





☆18日 PM18:35追記です!☆ 

先ほど、夕方のニュースで

「今日の一時帰宅で保健所の職員と飼い主が、

置いてきたペットを保護し、

動物病院やボランティアのところで預かることになった」

ということでした。

数日振りに会うワンコに号泣している飼い主さんと

喜ぶワンコがおりました。


バリケンに保護されてヘリコプターに乗せられていました。

まずは一安心です。

本当に良かった良かった。
スポンサーサイト

コメント

ホントだよね!
何で残していかなきゃいけないんだろうね。
ワンコは理解できないと思うよ、何で置いてかれるの?って…。
一時的なペット専用の避難所を設置してもいいのにね。
そういうことを考える、防災対策本部の人っていないのかなぁ。
末端の私たちの意見だけでは、設置されるのは困難なのかなぁ。
何かできることがあればいいんだけど…。
避難される方の様子を見ていてワンコ、ネコちゃんたちを置いてこなくてはいけない状況にどうにかできないものかと思っています。新潟の地震のときもワンコがいるからといって車の中で避難生活をされてる方がいました。たしかに体育館のような広いところにペットの持ち込みは出来ませんもんね。でも、余震の続くところに置いてくるなんて…考えられません。動物病院さん、ペットショップさんで一時保護できると良いのですが…
ペットの立場に立ったら「どうして置いていかれるの?」と
理解できない&多大な精神的ダメージだよね。
ただでさえ地震で大きなショックを受けているのに…
どうにかならないのでしょうか…。
動物病院やペットショップ、 ボランティアの一時預かりなどなど
いろいろと道は残っていると思うんだけど…。
本当に災害が起こるたびにペットについて考えさせられますよね。
NPOや獣医さんが預かる施設を作ってくれる場合もあるんですが、全てのペットをって事にはならないんですよね。まずは人命第一って感じなんですよね。確かにそうだとは思いますが、同じ命の重みは一緒だと思うんですが・・・。今は中部地方に住んでいますが、いつ起こるか分からない地震のために我が家の場合は非難所がペット禁止なら車で生活するって家族で話合いました。他人にはペットでも飼い主にしたら家族なんですよね。
今日のニュースで隣県の避難所に
ワンコを連れて避難する人の映像があったけど、
やっぱり避難所によって
ペットOKとかNGとかあるんだろうね。
あと、周りの方への配慮も考えると、
どうしても連れて行けないとか・・・。
でも、だったら、動物病院とかペットショップで
預かってくれるボランティアをしてくれてもいいと思うんだけどね~
本当に、自分自身が避難することになったら、
って考えると、
やっぱり避難所には連れて行けないし、
でも置いていくことなんて絶対に出来ないし、
私も車でロックと過ごすことを選択するなぁ。
もちろん人命第一だけど、
動物だって同じ尊い命、
こういう場合のペットの扱いについても
もっと真剣に考えてもいいですよね。
動物だって心があるんだから、
こんなときに置いていかれたら
人間と同じように精神的に大きなショックを受けてるはず。
動物病院とかで預かってくれれば一番心配ないのに。
こういうことは法的に整備されないんですよね。
日本ってやっぱりこういうところでも
遅れている気がします。
>NPOや獣医さんが預かる施設を作ってくれる場合もあるんですが

ああ!そういえばそんなニュースを見た気がします。
それでも飼い主さんと離れるだけで
ワンコはストレスだと思うし、
そういうケアもしてくれるいい方法がないものでしょうか。
うちのロックなんか、半日病院に預かってもらっただけで
「ロックちゃん、寂しい寂しいってずっと待っていました~」
って言われるくらいだもん。
とてもじゃないけど、置いて自分だけ避難なんてできない。
私も車でロックといると思います。
やっぱり今回もワンコさんたちは置いていかれているのですね
私ニュースで 避難所にはワンコも一緒です なんて言っていたので
今回はワンコやニャンコならば一緒だと思ってました
離れ離れになった飼い主さんの心を思うと胸が痛みます
一日も早く一緒にいられるようになりますように。
避難所によって連れて行けるところと
ダメなところがあったみたいです。
でも、追記に書いたように
無事に保護されて飼い主さんと避難できました。
しばらくは飼い主さんと一緒ではないかもしれないけど
安全でちゃんとご飯の食べられるところで
被災した土地よりはゆっくりできるかな?
一日も早く飼い主さんと今までどおり、
過ごせる様になればいいですよね。
本当に、そう思いますね。
どんなに心細かったか・・・犬達だって。
言葉に出せないだけで。
顔を見れば分かりますよ~

ペットは後回しなんだものね~。

追記のニュース知らなかったわ。
よかったね、一時保護っているう事ね。
一日も早く復興して、家族揃って暮らせる日が来るように祈ります。
私も朝ニュースで見たよ、えがったe-263
そうよ、愛護団体なにやってんだe-262なんてブツブツいいながら。
空の顔見てるとそんなことになったらどうしようなどと・・・

地震、落ち着いてよかったね。
ロックくん、まっぷーさん守ってあげてよ、精神的に落ち着かせるため
芸の1つでもe-352笑わせてあげてe-458
読んでて私もウルウルきてしまいました。
私はびっこを置いてなんて考えられません。
きっと皆さん同じ気持ちだと思います。だから…涙がでてきます。
悲しい選択を迫られる事がないように命の尊さを考えていきたいですよね!
今日も余震があったみたいですけど、まっぷーサンのところは大丈夫ですか?
コメントで元気に散歩していることを知って、今朝は本当に安心しました。
そして、今まっぷーさんのブログを見て・・・涙と鼻水がウルウルです。
命が危険にさらされた状況では、まず人間が第一   それは解っているんです。
でも、犬であれ、猫であれ、鳥であれ、亀であれ、ウサギであれ、ムシであれ、生計を支えてくれた馬や牛であれ、飼っている人にとっては大切な家族なんです。
その家族を見捨てるようなことを、一時的とは言えやらなければならない悲しみは計り知れないものがあります。
今回のことで、家族の心配はモチロンですが、鼓太郎、ウサギの小夏、亀三兄弟、金魚・・・どんなに頑張っても避難所に受け入れなどはしてもらえませんよね。
本当に、一分一秒でもはやく被災地の動物さんたちが飼い主の下に帰れますように・・・そして、地震がもう来ませんように  祈るしかないです。
守ってあげていると思っているワンコさんたちから実はすっごい力を貰っている・・・
人間守るものがあると強く慣れます。がんばりましょうね。
追記の内容の方のニュースを夕べ見ました。
リードにつないでもらって「早く早く♪」と走り出す姿
田んぼの中で飼い主に呼ばれて体全体で喜びを表現する姿
「良かったね~!」と言いながら夫と見てました。
大事な家族を置いていかなければならなかった人も
訳がわからず一人にされてしまった動物たちも・・辛かっただろうね。
牛や犬は比較的に捕獲しやすいとして・・
外で自由にできる猫ちゃんとか・・どうしたんだろう?
そうそう。動物はものを言わないだけに
心の中の不安感は相当なものだと思います。
どうしてもこういうとき、ペットは後回しなんですよね。
今回は結果よかったけど、
こういう災害はまたどこかで起きるんだから、
ちゃんとペットのことも考えて欲しいですね。
置き去りにしなくても済むように・・・
でも、今回は新潟の地震のときより、
ペットの保護も早い方だったのかも。
千切れんばかりに尻尾を振るワンコを
抱きしめて号泣する飼い主さんに
一緒に泣いてしまいましたよ。
ロックを置いていくなってできないよ~!
本当に私もこのニュースでは
何度も泣かされました。
今回はペットを置き去りにしている間に
何事もなかったから良かったけど
その間に何かあったら・・・と思うと、
もっと迅速な保護を考えて欲しいですね。
とりあえずはホッとしました。
余震は未だに続いています。
本当に怖いですよ。
こんな中、置いていかれた動物のことを考えると
どれだけ恐怖だったろうと思います。
今回は犬と猫の保護だったらしいけど、
水槽で飼っている魚類やカメなどは
やっぱり連れてはいけなかったみたい。
家畜の牛、馬も避難していました。
生活がかかっているものね。

でも本当に今回はどれだけ動物達が
私たちの心の支えとなってくれているか、
どれだけ大切な存在であるか、
改めて思わされました。
そして、一刻も早く、飼い主さんとこれまでどおりの
平穏な生活に戻れますように・・・と
祈るばかりです。
今朝の新聞にもワンコを数日振りに抱きしめる
飼い主さんの写真がありました。
今回はワンコとニャンコだけの保護。
それもやっぱり放浪している猫は
一時帰宅の間には探せなかった子もいるみたい。
保護したワンコの中には
かなり衰弱してるわんこもいるらしくて・・・
だってご飯食べてないんだもんね。
精神的なケアもさることながら
まずは健康を取り戻して欲しい。
そして早く飼い主さんの元で安心して暮らせますように・・・
追記・・・
見たら涙ですよ!!
よかった、本当によかった
災害時、本当に不安なことばかりになりますが
こうやってわんこを助けてくれただけで、飼い主の方はほっとしたはず
わんこだって家族の一員
そう認めて助けてもらえて、本当によかった!!
ぴろぴろさん、お返事が遅くなってごめんなさい!
本当に良かったです!
テレビでインタビューを受けていた獣医さんが
ロックの通っている獣医さんでした。
あの先生なら安心です。
あとは飼い主さんと元の生活に早く戻れるように・・・
祈るばかりですね。
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://rock512.blog78.fc2.com/tb.php/518-d4527d26
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。